なぜ、この人たちは金持ちになったのか?トマス・J・スタンリーを読んで気になったところ

アメリカの富豪を調査した本です。

733人の億万長者にアンケートを行い、その調査結果がこの本のベースになっています。

アンケートに答えた億万長者は100万ドル(およそ1億円)以上の純資産を持つ富豪です。

またこの他にも、638人の億万長者に個人面接やフォーカス・グループ調査を行ったそうです。

本当に聡明なミリオネアは、自分の好きな職業ーそれも競争相手があまりいない、高い収益を生む職業を選んでいる。

億万長者の半数近く(四六%)が「自分の職業/事業を愛している」を、自らの経済的成功の<非常に重要>な要因と回答している。

また、回答者の四〇%がそれを<重要>と考えている。両者を合わせて八六%という高率だ。

資産の多い階層ほど、次のように話す人は多い。

私の成功は、とにかく自分の仕事が心から好きだったから、そのせいだと思いますねーまちがいなく。

自分の仕事にとことん惚れ込むことができれば、成功の確率は非常に高まる。

私の選んだ仕事は、自分の能力や資質を最大限に活かせるのです。

要は、自分の能力に適した仕事を見つけることなのだ。そうすれば、自然と仕事が好きになる。