読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことを仕事にするために必要なことを考えてみる

自分の好きなことを知る

まず第一に好きなことを仕事にするためには、自分の好きなことが何なのか分かっている必要があります。

過去にやってきた行為の中で、楽しかったことや没頭したことを思い出してみましょう。

過去に行った行為の中に、好きなことを見つけるためのヒントがあるはずです。

過去を振り返っても好きなことが見つからない人は、面白そうだと思うものを片っ端から試してみましょう。

求め続けていれば、これだと思えるものが見つかるはずです。

好きなことが見つかったら、好きなことを仕事にしましょう。

自分の好きなことが分かっているなら、あとはどうにでもできます。

好きなことが既に仕事としてあるなら、仕事に就けば良いだけなので話は簡単です。

好きなことが仕事にない場合は、自分で仕事を作り出しましょう。

簡単な道ではないはずですが、情熱を持って取り組んでいけば、道は開けると思います。

僕は今好きなことを仕事をするために試行錯誤中です。

理想の働き方は働けば働くほど元気になる仕事をすることです。

好きなことを仕事にすれば、仕事をすればするほど元気になることは可能だと思います。

仕事を遊ぶようにやるのが理想です。

遊ぶのは疲れることもあるけど、心のエネルギーの補充になります。

仕事をエネルギーの補充にしたいです。

遊ぶように働く。

色んな仕事をやってみて気づいたこと

同じことを単調に繰り返す仕事は長く続けられないということです。

あくまでも僕の場合はですが。

繰り返しの作業が好きな人や向いている人は続けられると思います。

でも、僕の場合は繰り返しの中に変化がある仕事でなければ、長く続けることができないと気づきました。

僕の場合は同じことを繰り返していると飽きてしまい、仕事に面白みを感じることができなくなってしまいます。

僕がこれから仕事を長く続けるには、変化のある仕事を選ぶことが必要だと思いました。

長く続けられる仕事を見つけたいです。