読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちご鼻を自分で簡単に治すにはピーリングジェルがおすすめの方法です

いちご鼻で悩んでいる方は、自分で簡単に治す方法をお探しだと思います。

美容クリニックや病院などで治療を受けるのが、最も確実な改善方法だと思いますが、美容クリニックなどに行く前に自力で治す方法を試したいという方のために、今回はピーリングジェルを紹介したいと思います。

美容クリニックなどでの治療方法

ピーリングジェルを紹介する前に、病院や美容クリニックでの治療方法を見ていきます。

プロが行なっている治療を自分で行えたら、高い効果が得られると思いませんか?

病院や美容クリニックでの治療法↓

いちご鼻の治療にレーザー&ピーリング!皮膚科と美容クリニックはどちらが良い? | NICOLY:)[ニコリー]

治療法1:フラクショナルCO2レーザー

皮膚科や美容クリニックの治療で行われる治療法の1つが、フラクショナルCO2レーザーです。

レーザーを肌に照射することにより、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促します。ターンオーバーが促されることで、毛穴の詰まりを改善します。

また、この治療法には毛穴の引き締め効果もあります。

残念ながら、この治療法は専用の機器が必要になるので自分で行うことは難しいです。

治療法2:ケミカルピーリング

美容クリニックなどで行われる治療法の2つ目がケミカルピーリングです。

ケミカルピーリングとは、皮膚の表面に酸性の薬剤を塗布して、古くなった角質や毛穴に詰まっている角栓老廃物などを溶かして除去する治療法です。

余分な角質を取り去ることで、肌の新陳代謝が高まります。

ケミカルピーリングに使われる薬剤は3つあります。

AHA(アルファヒドロキシ酸)とBHA(ベータヒドロキシ酸)とトリクロロ酢酸です。

薬剤の強さはAHA<BHA<トリクロロ酢酸となります。

この3つの薬剤のうち、AHA(アルファヒドロキシ酸)を含んだピーリングジェルは市販されているので、自分でいちご鼻を治すのに使うことができます。

つまり、市販のピーリングジェルを使えば、美容クリニックや病院での治療法が自宅でもできるということです。

AHA(アルファヒドロキシ酸)はグリコール酸、乳酸、クエン酸、リンゴ酸などの天然成分からできています。

こういった成分を含んだピーリングジェルを使えば、いちご鼻の改善に期待が持てます。

ピーリングジェルを使う際の注意点

ピーリングジェルには肌の角質を取り去る効果があるので、使い過ぎには注意してください。

商品に記載されている注意書きに従って、一定の間隔を開けて使用してください。

使い過ぎた場合は肌にトラブルが起きる場合がありますので、注意してください。

ピーリングジェルの使用を継続する期間

一定の間隔を開けてピーリングジェルを使用するのですが、どれぐらいの期間、継続して使用すれば、いちご鼻が改善できるのでしょうか?

病院や美容クリニックで治療する場合は2ヶ月〜3ヶ月間治療を継続するので、いちご鼻をピーリングジェルで改善するには、2ヶ月〜3ヶ月の期間がかかると思われます。

ピーリングジェルを使用しても治らない場合

ピーリングジェルを使用してもいちご鼻が治らない場合は、病院や美容クリニックで治療することをおすすめします。

セルフケアではできない効果の高い治療法でいちご鼻が改善すると思われます。