読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

価値のある記事を積み上げているちきりんさんの過去の記事が面白い

f:id:nksjw1:20170321152739j:image引用元:Chikirinの日記

ちきりんさんが2005年に書いた記事を読んでみました。

自分の興味と合致する記事は読んでいて面白いです。

「自分メディア」はこう作る!というちきりんさんの本の中にPV数が載っていました。

2006年の時点で月間3千PVから5千PVだったようです。

ブログを始めたばかりの頃は記事の面白さとPV数は比例しないようです。

ちきりんさんは面白い記事を積み上げた結果、ブログが人気になりました。

ちきりんの日記は面白い本が無料で読めるという感覚に近いと思います。

日本に生まれただけで - Chikirinの日記という記事を読みました。

自分がとても恵まれた環境にいることを認識しました。

物は豊かにある。そこに精神の豊かさが加わればもっとハッピーになると思います。

精神を豊かにするには、良い人間関係を持つことが大切だと思います。

どんなにたくさんの物を持っていても、いつも孤独では幸福な人とは言えないでしょう。

良い家族がいる。良い友人がいる。物は持っていなくても、良い人間関係を持っている人は幸福だと思います。

それに加えて、やりたいと思ったことができることが大切だと思います。

やりたいことをやっている人は幸福でしょう。

やりたいことをやれる。行きたいところに行ける。

やりたいことをやるために生きていると言っても良いでしょう。

やりたいことが人にプラスの影響を与えることなら、さらにハッピーになれると思います。

人に良い影響を与えながら、自分も満たされる。

傷つかない能力 - Chikirinの日記という記事では、引きこもりがテーマになっています。

僕は現役に引きこもりです。

引きこもりの辛いところは、誰の役にも立っていないという感覚だと思います。

僕は引きこもり生活を通して、誰かの役に立ちたいと強く思うようになりました。

誰の役にも立てないのは辛いです。苦しいです。

引きこもり状態の人が、引きこもりになった理由は様々なものがあると思うのですが、僕の場合は膝を故障したことが引きこもりのきっかけとなりました。

膝を故障する→外出する機会が減る→引きこもり状態という感じです。

働けるなら早く働きたいと思っています。

引きこもっているより、仕事をしていた方が精神的には楽だと思います。

もちろん仕事にもよると思いますが。