読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【書評】誰でも「売れる人」になるマーケティング入門ドリルを売るには穴を売れ

僕はマーケティングという言葉は聞いたことがあるんだけど、意味は分からない状態でした。

マーケティングとは何か」をひと言でいえば「顧客」に関するすべてのこと、つまり「売ることに関するすべてのこと」だ。

市場調査、広告制作、営業戦略、などのすべてのことが含まれる。

あなたが「買う」ときに、その逆には「売る人」がいる。

あなたが何かを買うときには、売り手にとってのマーケティングが起きているのだ。

だから、あなたが「買う」ことが、誰かにとってのマーケティングの重要な一部になる。

あなたの買い物そのものがマーケティングであり、それは会議室で起きているのではなく、あなたの日常で起きているのだ!

マーケティングとは、顧客に価値を提供してお金をいただくこと。

マーケティングとは売ることに関する全てのことだと分かりました。

マーケティングには知っておくべき4つの理論があります。

1.ベネフィット・・・顧客にとっての価値

2.セグメンテーションとターゲティングの・・・顧客を分けて絞る

3.差別化・・・競合よりも高い価値を提供する

4.4P・・・価値を実現するための製品・価格・販路・広告 

ベネフィット

マーケティングとは、少々学問的に言えば、「価値のやりとり」だ。

売り手が、製品・サービスなどを通じて買い手である顧客に価値を提供する。

ドリルで言えば「穴を開ける」という価値を提供する。

顧客は、お金などを売り手に支払ってドリルを手に入れ、穴を開ける。

マーケティングにおいては、このことが一番重要である。

どんなに難解なマーケティングの本に書いてある知識や技術、テクニック論も個別具体論であり、この「価値」がマーケティングの中心概念だと覚えておこう。

ブログ運営で提供する価値は役に立つ記事や面白い記事です。

読む人は自分が得られる価値が、自分が払う価値(お金・手間・時間)より大きいときに買います。

価値のある記事を書き続ければ、読まれるブログになるということです。

セグメンテーションとターゲット

求めるベネフィットや価値は顧客によって異なるので、「セグメンテーション」で顧客を分けてそれぞれの価値を実現する。

絞ることが必要な理由は、単純に絞らなければ売れないからだ。

市場は十分大きいか、自社の強みが生きるかどうか、切実にその商品やサービスを必要としているか、などの基準でターゲットを選ぶ。

僕はブログ運営をする上で、ターゲットを特に定めてはいませんでした。

これからは20代の男女にターゲットを絞っていきたいと思います。

差別化

競合にない価値、高い価値を提供して自分を選んでもらうのが差別化。

競合にない価値は、僕にしか書けない記事を書くことだと思います。

独自性の高い記事を書いていきたいです。

4P

顧客に「価値を提供して対価をいただくこと」を実現させるのが4P

4Pは「製品・サービス」「広告・販促」「販路・チャンネル」「価格」の頭文字

提供する価値、ターゲット顧客、差別化戦略、4Pのすべてが美しく整合するのが良いマーケティング

ブログ運営の製品は記事、広告はSNS、販路ははてなブログ、価格は無料です。