読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の強みを知るためにストレングス・ファインダーをやってみた

色んなブロガーの方がストレングス・ファインダーを勧めていたので、やってみました。

「さあ才能に目覚めよう」という本にのっているホームページにアクセスしてアクセスコードを入力すると診断を受けることができます。

質問に答えていくことで、強みが分かります。

1つの質問に20秒の時間制限があります。

177の質問に答えることで、診断結果が表示されます。

僕の診断結果はこのようになりました。

f:id:nksjw1:20170317181412j:image

上にある資質ほど、僕が強く持つ資質です。慎重さが一番強く出ました。2番目が責任感でした。

自分にはこんな資質があるのかと、少し意外に感じました。

慎重さ

あなたは用心深く、決して油断しません。あなたは自分のことをあまり話しません。

あなたは世の中が予測できない場所であることを知っています。

すべてが秩序正しいように見えますが、表面下には数多くの危険が待ちかまえていることを感じ取っています。

あなたはこれらの危険を否定するよりは、一つひとつを表面に引き出します。

そうして、危険は一つずつ特定され、評価され、最終的には減っていきます。

言うなれば、あなたは毎日の生活を注意深く送る、かなりまじめな人です。

たとえば、何かがうまくいかない場合に備えて、あらかじめ計画を立てることを好みます。

あなたは友人を慎重に選び、会話が個人的な話題になると、自分のことについては話をせず、自分自身で考えることを好みます。

誤解されないように、過度に誉めたり認めたりしないように気をつけます。

人になかなか打ち解けないという理由で、あなたを嫌う人がいても気にしません。

あなたにとって、人生は人気コンテストではないのです。

人生は地雷原を歩くようなものです。そうすることを望むならば、ほかの人は用心せずにこの地雷原を駆け抜けるかもしれません。

しかし、あなたはちがう方法を取ります。

あなたは危険を明確にし、その危険が及ぼす影響を推し量り、それから慎重に一歩ずつ踏み出します。

あなたは細心の注意を払って進みます。

自分がこんなに慎重だとは思っていませんでした。

自分が用心深い性格であることは前々から感じていたんですが、人生が地雷原を歩くほど危険だとは思っていません。

4つ目に出た自我という強みが慎重さと反するような強みだったので、面白いと思いました。

この診断は自分を丸裸にされたようで、恥ずかしい気持ちになります。

自分の見たくない部分が見えてしまった感じです。

自分の強みが知りたい人はストレングスファインダーをやってみてください。

面白い診断結果が得られると思います。