きりんのきもち

【書評】金持ち父さん貧乏父さん要約アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

金持ち父さんシリーズの第1弾の本です。ロバートキヨサキの本です。

「金持ち父さん貧乏父さん」は将来の自分の経済状態を他人まかせにしたくないと思っている人のスタート地点だ。「USAトゥデイ

著者は高校も卒業していない金持ち父さんと3つの大学に行った貧乏父さんのことを紹介しています。

貧乏父さんは死ぬまでお金に苦労して、金持ち父さんはハワイで最も裕福な人間の一人になったそうです。

二人の父親はお金に関して異なる考え方を持っていました。

貧乏父さんは「一生懸命勉強しろ、そうすればいい会社に入れるから」と言い、金持ち父さんは「一生懸命勉強しろ、そうすればいい会社を買うことができるから」と言った。

貧乏父さんが「お金に関しては安全第一で」と言うと、金持ち父さんは「リスクをとることを学べ」と言う。

高い教育を受けた方の父が著者の本当の父親で、金持ち父さんは友人のマイクの父親です。

著者はお金に関しては金持ち父さんの考え方を学ぶ道を選びました。

本の中で、金持ち父さんの六つの教えが紹介されています。

第一の教え 金持ちはお金のためには働かない

金持ちはお金のために働くのではなく、資産を作り上げたり、買ったり、生み出すために働きます。

資産は自分のポケットにお金を入れてくれるものです。

資産には4つの種類があります。

1.自分がその場にいなくても収入を生み出すビジネス
2.不動産
3.紙の資産
4.商品

これらを所有して、不労所得を増やしていくのが、経済的自由への道です。

第二の教え お金の流れの読み方を学ぶ

「大切なのは資産と負債の違いを知り、資産を買わなければいけないということだ。」

「資産は私のポケットにお金を入れてくれる
負債は私のポケットからお金をとっていく」

経済的自由を手に入れるために必要なことは、資産を手に入れることです。

お金があっても問題は解決しないとキヨサキ氏は言います。

お金を稼いだあとどうするか、そのお金をどうやって自分のために働かせるかを知らなければ、お金に関する問題は解決しません。

お金に関する問題を解決するのはお金に関する知性です。

第三の教え 自分のビジネスを持つ

第四の教え 会社を作って節税する

第五の教え 金持ちはお金を作り出す

第六の教え お金ではなく学ぶために働く

実践その一 まず五つの障害を乗り越えよう

実践その二 スタートを切るための十のステップ

実践その三 具体的な行動を始めるためのヒント

おわりに 経済的自由を手に入れるには