ブログの記事にするためにランサーズで仕事を依頼してみた実体験

f:id:nksjw1:20170313183714j:image思っていたより簡単にできました。

ランサーズに登録した後、依頼するボタンをクリックします。

依頼したいカテゴリーを選びます。

依頼したい仕事の方式を選びます。プロジェクトとタスクという方式があって、僕はタスクを選びました。

依頼タイトルを入力して、記事のジャンルとタイプを選びます。

文体を選択して、キーワードを決定します。

記事タイトルの文字数、キーワードの使用回数を決めます。

記事本文の文字数、キーワード使用回数と段落数を決めます。

僕は最初、段落数を0にして依頼しました。

段落数0だとタスクの作業画面で本文が入力できない状態になってしまいます。

段落数は1以上にしましょう。

画像枚数を決定します。

作業単価を入力します。僕が入力したときは300円以上でないと依頼できませんでした。

作業の締切日を決定します。

内容を確認するというボタンを押します。

次に出てきた画面で依頼を登録するというボタンを押します。

次に支払い方法を決めて、利用規約に同意して、依頼を公開するというボタンを押します。

これで依頼が公開されます。

支払い方法はクレジットカード、PayPal、銀行振込、前回の依頼で持ち越した金額を利用するがあります。

僕は1000文字以上を324円で依頼してみました。

依頼を公開してから2日後に作業が完了したとの連絡が入りました。

作業の内容を確認して問題がなければ、承認ボタンを押します。

これで作業した方に報酬が支払われます。

今回の依頼でできあがった記事が以下の文章です。

今回は浜松のオススメ観光スポットを紹介します。

浜松城
 戦国時代に天下を取ったあの徳川家康公が住んでいた城です。徒歩なら浜松駅より徒歩約25分ほどで着きます。

バスなら浜松駅バスターミナルより遠鉄バスで市役所前・市役所南・美術館・浜松城公園入口のいずれかで下車で着きます。

歴代城主の多くが後に江戸幕府の重役に出世したことから出世城といわれています。

天守門・天守閣の東側の本丸の位置に家康公像が立っており若き日の家康公の姿を見ることが出来ます。

春には浜松城の敷地内にも桜が咲き、花見のシーズンには花見を開く団体の方達が数多くいます。

エアパーク
 航空自衛隊の航空機や自衛隊の豊富な資料が展示されている施設です。

バスでのアクセスならJR浜松駅北口のバスターミナル14番線から「51 せいれい浜松 泉 高丘行き」に乗車し、「泉四丁目」下車後、徒歩約10分で着きます。

入館料は無料。午前9時から午後4時まで開館しています。

展示格納庫でかつて使用された戦闘機やヘリコプターが展示されています。

一部の航空機は操縦席への着座も出来ます。展示資料館3Fには喫茶スカイラウンジFujiがあり、館内で1番の絶景スポットであり、航空機の離着陸の光景や晴れた日には富士山も見えます。

図書館もあり、ライブラリーコーナーは、滑走路を望む空間で離着陸する航空機を見ながら図書が楽しめます。

浜松市楽器博物館
 1995年4月に開館した、日本で唯一の公立楽器博物館です。

JR浜松駅北口より徒歩10分で着きます。

観覧料は大人800円高校生400円中学生以下無料となっています。

浜松市が日本の洋楽器産業発祥の地であることを伝える場となっています。

いろんな楽器が展示されていて子供から大人までが楽しめます。

一年を通して様々なイベントやコンサートなどが開かれています。

その他には移動楽器博物館や共同授業、また博物館実習など、教育普及事業等を行っています。

楽器に興味の有る方にオススメのスポットです。

はままつフラワーパーク
 四季折々の花々が織り成す憩いの場と言われているガーデンです。

浜松駅北口のバスターミナル1番乗り場から「かんざんじ温泉行き」に乗車「フラワーパーク」バス停で下車後すぐです。

入園料は大人600円、小中学生300円です。

見どころは春夏秋冬の一年で咲きどころの花や植物を見ることができます。詳しくは公式サイトの365日花ごよみをチェックしてみて下さい。

昼は咲いている花を観覧でき、夜の花はライトアップされた華やかなイルミネーションになっています。

花の魅力を最大限に引き出しているガーデンと言っても過言ではないでしょう。

植物が好きな方やデートを予定している方におすすめです。
 
 以上の4つを紹介しました。是非参考にしてみて下さい。