【ランキング】英語の勉強方法の本ランキングTOP3

英語の勉強方法は数学や国語の勉強法とは異なります。

 

英語の勉強を始める前に英語の勉強法の勉強をするのがおすすめです。

 

そこで今回は英語の勉強方法の本ランキングを発表したいと思います。

第3位 安河内哲也/英語の勉強法をはじめからていねいに

東進ハイスクールの講師である安河内哲也さんの著書です。

大学受験を受ける受験生向けの本ですが、社会人が読んでも参考になることがあると思います。

著者は英語学習には正しいやり方があると言います。

理論や記憶を言語反射神経に転換するのに必要なのが音読学習です。

音読は読む、聴く、話す、書く全ての分野で重要だそうです。

第2位 安河内哲也/完全保存版 できる人の英語勉強法

2位も安河内哲也さんの著書です。

著者は英語は知識ではなく、スポーツや音楽のようなものだと言います。

反射力、動作力を磨くことが一番重要。そのために音読をする。

著者は英語学習の50%は音読にあてることを勧めています。

文法を学ぶことで、言葉のルールを短期間に身につけられるそうです。

この本ではリスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの4つの技能をバランス良く伸ばすことを勧めています。

第1位 森沢洋介/英語上達完全マップ 初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

この本はおすすめです。英語の勉強法が全く分からなかった僕に革命を起こしてくれた本です。

英語を身につける目的別に勉強法を提示してくれます。

海外旅行をするために英語を身につけたい人のための勉強法や読むことだけに特化した勉強法などが掲載してあります。

総合的に英語を身につけたい人のためのプランも提示してあります。

この本の中で英語を身につけるためのトレーニングが8つ紹介されています。

1. 音読パッケージ

著者は英語上達の秘訣は文構造・意味が理解できる文を何度も肉体的に出し入れすることだと言います。

音読は肉体的な出し入れを効果的に行う方法です。

音読パッケージをすることにより、英語を英語のまま受け入れる体質を作り、英語の基底能力が高まります。

普通の音読だけでは単調になってしまうので、リピーティングとシャドーイングを織り交ぜて行う方法を提唱しています。

2. 短文暗唱=瞬間英作文

簡単な文を数多く作るトレーニングです。

このトレーニングの一番の効果は英語が話せるようになることです。

3. 文法

4. 精読

5. 多読

6. 語彙増強=ボキャビル

7. リスニング

8. 会話

英語が使えるようになりたい人におすすめの本です。

闇雲に英語の勉強を始める前にぜひ読んでみてください。