きりんのきもち

大学を中退した僕が大学を中退するメリットとデメリットを語る

大学を中退したいという理由は人それぞれだと思いまが、今回は大学を中退した僕が大学を中退するメリットとデメリットを発表したいと思います。

大学を中退したあとの条件も千差万別だと思いますが、僕の場合はこうだったということを書きたいと思います。

メリット.1 自由な時間を確保できる

好きなときに寝て、好きなときに起きることができます。一日中何をしていても誰にも何も言われません。

圧倒的に自由です。時間は人にとって一番の資産です。やりたいことができるようになります。

メリット.2 大学での人間関係をリセットできる

大学を辞めると大学に通っていたときに毎日のように顔を合わせていた人たちと会わなくなります。

大学に入って得た人間関係があまり好きではなかったら、人間関係をリセットできることはメリットになるでしょう。

メリット.3 金銭的な負担が軽くなる

大学を辞めれば、学費を払う必要がなくなります。

大学進学のために一人暮らししていた人は、実家に帰れば一人暮らしで発生していた費用がかからなくなります。

メリット.4 つまらない授業を受けなくても良くなる

つまらない授業を受けるのは苦痛ですよね。大学を辞めれば授業を受ける必要がなくなります。


デメリット.1 アイデンティティがなくなる

大学生のときは自分は大学生である、というアイデンティティがあるんですが大学を辞めると何者でもなくなります。

何者でもなくなると怖いですよ。

デメリット.2 就職しようとしたときに学歴の要件が満たせず就職できない会社がある

フリーランスになったり、起業する人には関係ないことなんですが、就職しようと思ってる人は大学を出ていないと就職できない会社があることを覚えておくべきだと思います。

求人票の学歴の要件に専門学校、短大卒以上といった求人が結構あります。

デメリット.3 奨学金を借りていた場合返す必要が出てくる

大学を辞めると奨学金の返還を開始しなければなりません。

金銭的に余裕のない人は返還猶予制度を使うことができます。

 

まとめ

大企業などに就職したい人にとってはデメリットの方が大きいかもしれません。

起業したい人、フリーランスになりたい人、好きなことを追い求めたい人、他の大学や専門学校にいきたい人は大学を辞めるメリットがあります。

大学を辞める前に休学を考えてみるのもいいかもしれません。

僕は大学を辞める前に2年間休学をしました。

一度きりの人生を悔いのないように生きましょう。