galaxymedia

あっという間に読んだ本の紹介

おすすめの青春小説ランキングTOP8

今まで読んできて、面白いと思った青春小説を20代半ばの男が紹介します。 第8位 朝井リョウ/もういちど生まれる 彼氏がいるのに、別の人にも好意を寄せられている汐梨。バイトを次々と替える翔多。 絵を描きながら母を想う新。美人の姉が大嫌いな双子の妹・…

読書が好きなのは、毎日新しい体験に触れられるから。

僕は同じことの繰り返しの毎日を楽しいとは思えません。おそらく大多数の人もそうだと思います。 同じような行為を繰り返していても、対象の中身が違うと変化を感じます。 毎日本を読んでいても、本の中身は違うとかそういうことです。 野球をしていた時も、…

新しい本を読むことで新しい考え方に出会う。そしてまた1つ自由になる。

本を読むのが好きなんですが、僕にとっての読書の良いところは自分以外の人の思考に触れられることです。 固定された人間関係の中にいると、新しい考え方に触れる機会は多くありません。 ですが、本を読めば自分以外の人の考え方を知ることができます。 そし…

本を紹介することについて。批判しても良いことがない。だから良いと思った本しか紹介しない。

良い本に出会える頻度は5冊に1冊くらいだと僕は感じている。 良かった1冊の本はこのブログで紹介しています。 良くなかった4冊の本はブログで紹介しない。批判もしない。 おすすめできない本をブログに書きたくないし、批判しても良いことがない。 でもたま…

面白い本に出会える確率

僕の中で、面白いと思える本と出会える頻度は5冊〜10冊に1回くらいです。

無料で読める面白いマンガ3選

1.まめきちまめこニートの日常 Powered by ライブドアブログ まめきちまめこさんと家族や友人との触れ合いを描いたマンガです。 抜群に面白いです。 2.働かないふたり | くらげバンチ 働かない兄妹のゆるい生活を描いた作品ですり とても面白いです。 3.マ…

今までで1番面白いと思った小説。1Q84が面白い。

僕の今まで読んだ小説の中で1番好きです。 読む本が見つからない時に好きなところを読み返します。 特に天吾の章が好きです。 僕が死ぬまで1Q84がNo.1なのか、もっと面白い本に出会えるのかは分かりませんが、もっと面白い本に出会えると嬉しいです。

1Q84 小松の発言

‪人についても作品についても個人的な好みが強く、許容できる相手よりは許容できない人間や作品の方がはるかに多かった。‬ ‪1Q84‬

孫正義さんの本を読んで、事業家を志した話

膝を怪我して、走れなくなった時、一冊の本に出会った。 「志高く 孫正義正伝」というソフトバンクの創業者である孫正義さんの本だった。 この本を読んで、もし膝が治らなかったら、俺も孫さんのような事業家になろうと思った。 結局膝が自然治癒によって完…

自分のやりたいことがわからなかった。模索の期間。

僕は自分のやりたいことが分からなかった。 村上春樹さんのノルウェイの森に出てくる永沢さんの言葉に共感して、やりたいことではなく、やるべきことをやるようになった。 そしたら、自分が何をしたいのか分からなくなった。 自分が好きなものが分からなくな…

持たない幸福論著者phaの感想

phaさんの本を読むのはニートの歩き方に続いて2冊目。 今、生きづらさを抱えている人は1回phaさんの本を読んでみると良いと思う。 人間は居場所を作る行為を続けている。

才能が9割3つの質問であなたは目覚める(北端康良)の感想

才能とは、天才だけが持っている能力ではない。 誰もが自分の中に才能を持っている。 本書で定義されている才能とは、感情×行動×能力のことです。 才能=能力ではありません。 Q&A 自分らしく成功した人はなぜ成功できたのか? 自分の才能を生かしたから。 な…

すべての教育は洗脳である21世紀の脱・学校論の要約

当たり前といわれているものが、実は当たり前ではないということがこの本を読むと分かります。 無意識のうちに常識といわれるものに従って行動してしまう方は本書を一度読んでみてください。 常識というものが、誰かに作られたものだと分かると思います。 著…

村上春樹|遠い太鼓の魅力|ギリシャ・イタリアへの旅行記

村上春樹さん小説も良いですが、旅行記も面白いです。 遠い太鼓の魅力を紹介したいと思います。 遠い太鼓は村上さんが1986年から1989年にかけて、ギリシャ・イタリアを旅したときのことをまとめたものです。 文庫版で570ページと結構な量があるんですが、面…

お金の本質を知れる本を厳選しました。お金=信用

お金の本質を知れる本を紹介します。 1.お金はいつも正しい/堀江貴文 銀行で発行する銀行券が価値のある実物資産だと思い込んでいますが、よく考えてみてください。あるのは信用だけで、お札は銀行が発行した単なる紙切れに過ぎません。銀行が潰れれば価値は…

お金の本質が知りたい。お金の正体が知りたい。お金って何だ?

お金って何なのか? お金の本質を知りたくて情報を集めました。 これが最も本質に近いだろうなと感じたのは、堀江貴文さんが言っていたお金は信用であるという言葉です。 学校では教えてくれないお金の授業の著者である山崎元さんもお金は信用であると本に書…

ウシジマくんVSホリエモン人生はカネじゃない!を読んで思ったこと

人生の不安をかき消すために 、カネを稼ぎたい 、仲間をつくりたい 。その気持ちはわからないでもないが 、より確実なライフハックは 、自分に信用をつけることだと言っておきたい 。 私の知る限り 、好き嫌いをはっきりさせる人は 、みんな信用されている …

未来に先回りする思考法を読んで思ったこと

メタップスの佐藤航陽さんの本です。 これからビジネスの最前線でやっていきたいという人にとってのバイブルになり得る本です。 佐藤さんはとても頭の良い人だと思いました。

働く君に伝えたい 「お金 」の教養人生を変える 5つの特別講義(出口治明)を読んで気になったところ

「そもそも 、なぜメディアは不安ばかり煽るのか ? 」を考えてみましょう 。答えは簡単 。 不安を煽るほうが商売がしやすくて 、 「儲かる人 」がいるから 。それだけのことです 。 メディアで働く人も 、メディアを通じて情報を発信したい外部の人たちも …

働く理由99の名言に学ぶ仕事論(戸田智弘)を読んで気になったところ

どんな職業も、自分が支配しているかぎりは愉快であり、自分が服従しているかぎりは不愉快である。 (中略)自由にひとりでする狩猟は、激しい楽しみをあたえる。 狩猟家は自分で計画をたて、それに従うなり変更するなりすればよくて、他人に報告したり弁解し…

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく(堀江貴文)を読んで参考になったところ

するとあるとき 、塾講師からこんな相談を受けた 。 「うちのスク ールに入ってる日立のパソコン 、今度全部 N E Cの新しいパソコンに入れ換えるんだけど 、教材システムを移植する必要があるらしいんだよ 。それって 、お前できる ? 」 「できます ! …

好きなことだけで生きていく。(堀江貴文)を読んでの気になったところまとめ

堀江貴文さんの本です。 好きなことだけで生きていく。の気になったところを拾っていきます。 「天職の見つけ方」を、若い人によく尋ねられる。 しかし「天職なんて言う前に、あなたはいったい何をやりたいんだ?」と聞いても、具体的な返事が返ってきたため…

【書評】誰でも「売れる人」になるマーケティング入門ドリルを売るには穴を売れ

僕はマーケティングという言葉は聞いたことがあるんだけど、意味は分からない状態でした。 「マーケティングとは何か」をひと言でいえば「顧客」に関するすべてのこと、つまり「売ることに関するすべてのこと」だ。 市場調査、広告制作、営業戦略、などのす…

【書評】成功する人たちの起業術はじめの一歩を踏み出そう

マイケル・E・ガーバーの著作です。 「著者は、本書のなかで、スモールビジネスの経営者が陥りがちなワナをとても分かりやすく説明し、それを避けるための考え方を紹介しています。」 米国の成長企業500社のCEOがNo.1に選んだ本だそうです。 起業しようと思…

バガボンド好きの僕がバガボンドの名場面ランキングTOP7を発表する

今回はバガボンド好きの僕がバガボンドの名場面ランキングTOP7を発表したいと思います。 第7位 32巻 宮本武蔵VS伊藤一刀斎 武蔵と一刀斎が出会います。武蔵は子供の頃一刀斎の彫刻を作り、剣鬼一刀斎として崇めていました。 その一刀斎と戦います。 第6位 20…

村上春樹さんのおすすめエッセイランキングTOP3

村上春樹さんの小説を読んだことがある方は多いと思いますが、村上春樹さんのエッセイを読んだことはありますか? エッセイでの村上さんはいい感じにゆるいです。肩の力を抜いて本を読むことができます。 村上春樹さんのエッセイには小説と違った魅力があり…